企業研究の第一歩として「業界地図」を読む

企業研究の第一歩として「業界地図」を読む

多くの学生は、「自分が購入している商品を販売する企業」はよく知っていると思います。

 

一つの例として、
自動車会社は有名ですね。
しかし、
部品メーカーはほとんど知らない方が多いです。

部品メーカーの中には、数兆円売り上げの企業もあるんです。

 

その、自分の知らない企業を知るのには、「業界地図」はわかりやすいですね。

自分の知らない企業の中には、
・成長している企業
・安定している企業
・自分のやりたい仕事
・地元の企業
・・・・
ベストな天職として働ける企業が多数あります。
 
本屋に行って、
大学のキャリアセンターの本棚を見て、
少し、勉強してみてくださいね。

 

ネット検索から「業界地図」を探してみると
2024年2月3日検索からです。

いいサイトですね。

 

検索「業界天気図」で検索すると

2024年2月3日検索からです。

天気図でわかりやすいですね。

就活生にもわかりやすいサイトだと思います。
 


どのようなポイントを見ていくのか?
・業界の規模
・業界の将来性
・業界の企業シェア
・業界の事業内容
等々・・・・

 
この「業界地図」「業界天気図」から、志望先の業界を見つけてください。
 
志望先の「業界」を絞った方が、
志望理由の中の
「なぜこの業界」
「なぜウチの会社」
の「なぜこの業界」を併願先を含めて
軸を持ってアピールできますね。

 

集団討論面接カード面接対策



 合格内定

  |