面接の質問集:事務職員

面接の質問集:事務職員

 

事務職面接の質問集を作りました。

面接の質問集:事務職員

下記クリックで回答ヒント

・なぜ、今の仕事を辞めて転職しようと思っていますか。
・仕事の軸は何ですか。
・今の仕事ではその軸は実現できませんか。
・当社の仕事でその軸は実現できますか。
・なぜ、営業から事務の仕事に就こうと思ったのですか。
・営業職で価値観に合わなかったことはありますか。
・事務職でその価値観は合いますか。
・営業職での成功事例を教えてください。
・そのスキル・能力は事務職で活かせますか。
・なぜ、失敗したと思いますか。
・失敗を繰り返さないようにするために何に注意していますか。
・事務職としてどんな資格を持っていますか。
・事務職につながる経験はありますか。
・何ができますか。
・タイピングは10分間でどのくらい打てますか。
・エクセルをどのレベルまで使えますか。
・パワーポイントをどのレベルまで使えますか。
・簿記の資格を持っていますか。
・事務職に必要な能力は何だと思いますか。
・その能力の何を持っていますか。
・クレームの応対で注意することは何かありますか。
・クレーム応対の失敗経験はありますか。
・あなたはストレス耐性がありますか。
・あなたの長所・短所を教えてください。
・長所は当社の仕事においてどのように活かせますか。
・短所をどのようにカバーしますか。
・あなたを事務職として採用しなければいけない根拠を説明してください。
事務仕事の多くは、ITや外部委託に置き換わっています。
・総務に向いている人
・経理に向いている人
・人事に向いている人
・販売促進に向いている人
・商品開発に向いている人
 
事務職としてアピールすること
・コアコンピテンシー
・ファンクショナルコンピテンシー
の2つあります。
 
コアコンピテンシー
・問題解決力
・コミュニケーション能力
・人を巻き込む力
は、共通して同じですが、
 
ファンクショナルコンピテンシーと呼ばれる
それぞれの職種に求められる能力は異なります。
 
この
・コアコンピテンシーを「ガクチカ」に盛り込み
・ファンクショナルコンピテンシーを「自己PR」に盛り込む必要があります。
 
そのため、オープンESの内容を徹底的に上げてください。
 
他の競争相手と差別化するには、専門家のアドバイスを!
その一つが、伊藤内定ゼミです。
 

元採用担当者で元8大学の非常勤講師が説明



 合格内定

  |