警察官採用二次試験面接質問の準備について

警察官採用二次試験面接質問の準備について

  警察官採用試験が始まりました。

ここでポイントだと思うのは 「公平性」です。

面接官によって合否が変わるのは避けたいところです。

 

ということは、オリジナルの面接質問というより ある程度、決められた鉄板の質問が多いと思われます。  

 

ある警察官面接対策セミナー参加者は言っていました。

「面接で質問された質問30のうち28が鉄板の質問でした。」  

面接点数500点とすると

・何をやったら点数が高く

・何をやったら点数が低いのか ある程度、標準化が必要ですね。

 

多くの面接官が共通の指標を持っています。

面接官が用意した質問に全部OKがでれば・・・点数は高いですね。

 

面接官が納得できなく、突っ込んだ質問をすると、 時間切れになってしまい、多くの質問に答えることができません。  

ということは、 多くの場合、鉄板の質問回答を十分に考え、 面接官が納得できる内容に作り上げれば 面接の点数は高くなります。

 

プラス 限られた時間の中ですべての質問に答えるには 「簡潔に答える」必要があります。  

事前に鉄板の質問は分かっているので 簡潔に述べる理想の回答を準備できます。

多くの面接の山を乗り越えれます。

 

元採用担当者で元8大学の非常勤講師が説明



 合格内定

  |