グループディスカッション対策ポイント①

グループディスカッション対策ポイント①

名古屋内定集中ゼミ

 

一般的にグループディスカッションの合格率は20~50%

最初の対面選考で行われることが多い。

 

グループディスカッションを行う理由は。

・一度に多くの学生を選考できる

・他の学生と比較できる

・論理的思考力があるかどうか分かる

・ヒューマンスキルを持っているか分かる

・適性検査結果との一貫性を確認できる

などがあります。

 

人事部員という「人を見極める専門家」でなくても、

簡単に「優秀かどうか」を見極めることができます。

 

グループディスカッションの目的

GUM11_PH01040

 

①面接では見えにくい学生の雰囲気や言動を見たいから

②面接では判断しにくい価値観や能力を見たいから

③複数の学生を同じ基準で評価できるから

 

つまり、面接では判断できないことを

グループディスカッションで見ているということですね。

 

グループディスカッションの評価基準

o0800060012363426561

ヒューマンスキルが必要なわけ

仕事には、お客様がいます。

お客様の求めていることを理解しなければ・・・・

トンチンカンな商品・サービスを提供してしまいます。

お客様の要望を聞きだすには、「聴く力」が必要です。

 

そして、お客様を説得するには「話す力」が必要です。

周りとうまくやっていくには、「協調性」「主体性」「積極性」

が必要です。

 

コンセプチュアルスキルが必要なわけ

論理的な思考を持っていないと・・・・・

 

言われたことをやるだけだったら・・

アルバイトでも十分です。

企業では、多くの問題を解決していかなければいけません。

問題を解決するには、論理性が必要です。

このグループディスカッションにおいても

意見の結論、根拠をしっかりと言えなければいけません。

 

根拠がポイントです。

 

どうすれば、このヒューマンスキルとコンセプチュアルスキルを発揮できるのか?

グループディスカッション攻略法の一番は経験値です。

 

⇒グループディスカッション1日ロールプレイ

http://www.reservestock.jp/page/event_series/2711

お礼a_btn045

 

やるか!やらないか!

 

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme