グループディスカッション対策ポイント②

グループディスカッション対策ポイント②

グループディスカッション対策ポイント②

適性検査集団討論面接カード面接対策

 

グループディスカッションNG者の評価コメント

・主体性がなく、受身である

・コミュニケーション能力に問題を感じる

・攻撃的で批判が目立つ

・的外れな意見を言っている

・自分の意見に固執する

・知識不足

・事実と見解を間違えている

・話が抽象的で具体的でない

・自信過剰で協調性に欠ける

 

 

グループディスカッション対策は何をするのか?

 

簡単なことは、上記の行動をしないことです。

特に、コミュニケーション能力の発揮がポイントです。

 

グループディスカッションにおけるコミュニケーション能力のポイントは

①話す力

②聴く力です。

 

グループディスカッションにおいて「話す力」を発揮するときには、意識して行動を起こすことができます。

 

8人のメンバーで30分のグループディスカッションを行う場合

一人当たりの発言時間は3分にも満たしません。

 

この3分間は、意識すれば

・目の位置

・話し方

・声の調子、トーン

・表情

などを理想の形で行うことが可能です。

 

しかし、「聴く力」はそうではありません。

27分の間に・・・・普段の自分が出てしまいます。

 

この部分の改善は、グループディスカッションにおいて「何がうまくいっていないのか」フィードバックをもらうことで改善ができます。

 

 

グループディスカッション話す力

落ちる人に共通する行動

・話が長い

・声が小さい

・結論から話せない

・笑顔がない

・根拠のない発言をする

・空気が読めない

・自信なさそうに話す

 

 

グループディスカッション聴く力

落ちる人に共通する行動

・話をしている相手を見ない

・笑顔がない

・メモばかりとっている

・しらけた顔をしている

・よそ見をしている

・発言者の話を聞いていない

 

グループディスカッションの練習時、メンバーからフィードバックを受けましょう。

 

気づかない「何か」の問題が見えてきますよ。

グループディスカッション攻略法の一番は経験値です。

 

⇒グループディスカッション1日練習会

 

グループディスカッション対策ポイント②

 

伊藤内定ゼミ

 

<



 

  |