企業展の効果的な回り方:10のポイント

企業展の効果的な回り方

pic_g087

企業展は、これから多く開催されます。

効果的に回ることで多くの成果が期待できますので

順番に説明していきますね。

 

①訪問したい企業は事前に調べておく

企業展に行ってから回る企業を探しているのでは遅いです。

効果的に回るには、事前に企業展紹介のネットを確認し

優先順位をつけておくことです。

志望度の高い企業は、事前にホームページも確認しましょう。

戦略を持って回るのと、そうでないのでは・・・・

得るものに違いが出てきます。

優先順位をつけて、目的を持って回りましょう。

pic_g007

 

②人に見られていることを意識しましょう

採用担当者は、企業展で会った好印象の学生を記録します。

その好印象学生と面接で会うと・・・嬉しく思い、好印象を更に深めます。

この第一印象はどこから感じるのか?

・一生懸命、話を聞いてくれるのか

・身だしなみは大丈夫か

・礼儀正しいか

・笑顔を絶やさないか

などです。

企業展会場に入館する時から意識しましょうね。

 

③自分の希望する業種以外にも興味を持つ

希望する業種以外にも、自分に合う企業はあります。

時間がある場合は、積極的に多くの業種も回ってみましょう。

「やっぱりこの業種で働きたい」と確信が持てるかもしれません。

 

④プロフィールカードは丁寧に書く

提出された個人情報は手入力によってパソコンに入力されます。

丁寧に読みやすく書くことでOKです。

相手の立場になって書きましょう。

 

⑤担当者の顔を見て聴く

しっかりと目を見て聴くことができる人は

コミュニケーション力が高い傾向があります。

目を見て聴いてくれると、相手は好印象を持ちます。

積極的に担当者の目を見て説明を聞きましょう。

 

⑥講演に参加しましょう

・身だしなみセミナー

・企業研究セミナー

・自己分析セミナー

など、専門家にる講演が多数開催されています。

今後の参考になりますので、参加してみましょう。

 

⑦志望動機のネタを拾う

同じような会社を志望している場合

・グローバル化

・エコ

・社会貢献

・・・・・

やっていることは、・・・同じことが多いです。

他の企業との違いは・・・というと

「人」に触れると、きっちりと「違い」に対し述べることができます。

担当者の雰囲気、学生に対する対応など

気になったことがあればしっかりとメモりましょう。

面接時に使える場合が多いですよ。

 

⑧他の大学学生と友達になる

多くの学生は、就活が進んでいるか、進んでいないか・・・

自大学の学生としか比較できません。

現在、大学でキャリア講義を行っていますが

・2年生から、ES書き方、GD模擬練習を行っている大学

・3年から個人の模擬面接を行っている大学

積極的に就活をサポートしている大学は多くあります。

内定をとるための競争相手は、他大学の学生であり、

彼らの一歩先を行く必要があります。

積極的に情報を入手してください。

 

⑨折り畳みの手提げバックもあるとよい

訪問企業から多くのパンフレットをもらいます。

その数は半端なくあります。

そのパンフレット等を楽に持ち歩けるような

折り畳みの手提げ等があると良いですね。

 

⑩身だしなみにきをつける

人事として企業展を開催していた時、

・靴下が白

・髪型がビジネス向きでない

・靴が汚れている

・鞄がビジネス向きでない

・Yシャツの下から絵柄付のTシャツがすけている

・・・・・・

残念な学生が多数いました。

気をつけてくださいね。

 

企業展に行くメリットとして

・企業に「説明を聞きに来た」と記録を残すことができます。

・就職活動「しっかりとやらなければ」というモチベーションが上がります。

・他大学の学生とコミュニケーションがとれ、情報を入手できます。

・1日に多くの企業と接することができます。

・1日で多くの企業を回ることで比較することができます。

・会社のパンフレット等を入手できます。

 

2月中に自己分析、企業研究を終わらせ、

3月は、多くの企業展に参加しながら

ウエブエントリーをすすめていきましょう。

応援します。

 

 

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme