警察官面接に落ちる人の特徴「誠実さに不安」

警察官面接に落ちる人の特徴「誠実さに不安」

警察官にとって必須なことの一つに「誠実さ」があります。
誠実さとは?(辞書より)
・私利私欲をまじえず、真心をもって人や物事に対すること。また、そのさま。
・偽りがなく、まじめなこと。真心が感じられるさま。

多くの内定者は報告してくれます。
「正直に答えました。ウソは一切言いませんでした。」
落ちた方は言います。
「1か所、自分をよく見せようと少しウソをついたら突っ込まれました。」

模擬面接をしていてもわかります。
本当のことを言っているのか
盛ろうとしているのか

態度・表情・しぐさ・声の抑揚・口調などから判断します。

誠実な人は
・違反歴がありませんね。
・礼儀正しいです。
・目上の方へ礼儀正しい態度をとっています。
・落ちついています。
・情熱を持っています。
等々、多くのことが出ています。

・面接カードから性格を読み取ります。
・クレペリン検査から性格を読み取ります。
・YG性格検査から性格を読み取ります。
・面接から性格を確認します。・

面接において
「誠実さ」を出していますか!
こちらの1日面接特訓練習会で「誠実さ」の確認を行います。
詳しくは、こちらです。
https://www.reservestock.jp/page/event_series/5459

警察官面接に落ちる人の特徴「誠実さに不安」

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme