なぜ、公務員採用でクレペリン検査を使っているのか

なぜ、公務員採用でクレペリン検査を使っているのか

警察官
市役所職員
県庁職員
多くの公務員採用選考プロセスにおいて
クレペリン検査が使われているのは
「一生懸命頑張る姿勢」があるかを確認するためです。

クレペリン検査、採用側のメリットは
・操作ができない
・理想の形にしようと思ってもできない
・一生懸命頑張っている人のみが一つの形になる
等々、たくさんあります。

私が特に注目するのは
・最初から頑張る人か
・最後まで頑張れる人か
・休憩があっても、やる気を向上できる人か
の3つです。

 

公務員の仕事は、
コツコツとやることが多いです。

場合によっては、一生懸命にやっても
住民から非難されることもあります。

そのような状況の中で
「情熱」+「一生懸命取り組む姿勢」があれば
・・・→この人なら住民のために働いてくれるだろう
と期待できます。

 

面接の中の回答は
「粘り強さ」がなくても
「情熱」がなくても・・・

「私は、粘り強くやり通す努力する姿勢があります」
と、回答することができます。

多くの人は面接において
・自分の良いところは大きく見せようとし、
・自分の悪いところを隠そうとします。

つまり、
「一生懸命頑張る姿勢」を面接内容からのみ確認するより
クレペリン検査から
仮説を立て、
面接で確認したほうが
より確実に確認できると思います。

 

クレペリン検査
小学生のときや中学生の時にやったことがありますね。

それは、
「勉強に一生懸命、頑張る姿勢があるか」を
確認するためです。

 

いちど
本番と同じように
クレペリン検査をやってみませんか!
https://www.reservestock.jp/page/event_series/2097

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2018 Frontier Theme