論理力:5W1H思考

論理思考を身につけるには、5W1Hで考えることです。

最初に「なぜ?」がファーストステップであると言いました。


次のステップは、5W1Hで考えることです。

 

<例>
ある10店舗の飲食チェーン店の売上が落ちています。
原因を追究して対策を講じなくてはいけません。
このときに 5W1Hで考えていくと楽です。

 

①When:いつから売上が落ち始めたのか?
②Where:どの店の売上が落ちているのか?
③Who:どんなお客様が減ったのか?
     新規お客様?
     常連お客様?
     年配のお客様?
     若いお客様? 男性?女性?・・
④What:どんな商品が売れていないのか?
     メインメニュー?
     サイドメニュー?
     ドリンク?・・・
⑤Why:なぜ売れなくなったのか?
     近隣に競合店がオープンした?
     競合店が値下げした?
     店舗前通行量が減った?・・・
⑤How:どのように?
     一気に売れなくなった?
     徐々に売れなくなった?
     客数が減った?
     客単価が下がった?

 

ひとつの問題に対し、この思考で考えていくと、簡単に原因にたどりつきます。

 

面接等で、面接官の質問に回答するときには、

この5W1Hを常に頭に中に描きながら答えていくとモレも少なくなりますね!

 

人気関連記事

 

 

面接理論

【採用担当者から就活生へ面接時のこんな質問①】

【面接だけで能力を見極めることができるのか?】 

【面接のポイント メラビアンの法則】

【面接で何を見極めるか?①】

【面接で何を見極めるか?②】

【模擬面接で気になったこと】

【面接の結果に悩んでいる就活生へ】

【面接のあがり症について】

【客観的なフィードバックの重要性】

【面接質問の意図は?】

【人間はロジックだけで動いているわけではない】

【就活 面接 質問】

【最終面接で何を質問されるのか?】

【「共感力」⇒面接でどうやって見極める?】

【公務員面接のポイント「志望動機」】

【大学職員に求められる能力】

【警察官採用面接で圧迫面接をする理由】

【面接でアピールする行動力とは?】

【チーム医療について】

【臨床検査技師:説明会の落とし穴】

【保育士・幼稚園教諭に求められること】

【志望動機一貫性の確認】

【他の県警、公務員、民間企業は受けていませんか?】

【面接における「第一印象」の作り方】

【「退職理由」「志望動機」「なぜ、当消防官なのか」】

【「退職理由」「志望動機」「なぜ、公務員なのか」】

【警察官には何が必要か】

【採用担当者が考える「チャレンジ精神」】

【就活の自己レベルを確認する。】

【面接スキルの問題改善コンサルティングを受ける】

自宅で面接問題改善訓練を行う

【「退職理由」「志望動機」「自己PR」の一貫性】

【「適性検査」と「面接」の一貫性】

【「エントリーシート/職務経歴書」と「面接」の一貫性】

【面接質問:当社に落ちたらどうするのか?】

【面接練習はプレゼンテーションスキル練習】

【面接の一貫性は何か?】

【面接における「第一印象」の作り方】

【「退職理由」「志望動機」「自己PR」の一貫性】

【模擬面接の進め方】

【模擬面接の必要性】

【「エントリーシート/職務経歴書」と「面接」の一貫性】

【面接質問:当社に落ちたらどうするのか?】

【面接スキルの「真の問題点」特定に向けて】

【面接回答の添削必要性】

【技術者が持つべき能力:問題解決力】

【技術者が持つべき能力について】

【何かを伝えるには、話すことが必要です。】

【面接回答時の変な話し方】

【面接回答時の変な顔の動き】

【面接が1分で決まるわけ】

【面接時の目つきについて】

【早朝スカイプ面接】

【コミュニケーション能力の高い人に共通すること】

【内定レベルの3ステップ】

お礼a_btn045

伊藤伸一

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme