グループディスカッションの流れ

グループディスカッションの流れ

グループディスカッションの流れ

グループディスカッションの流れ

グループディスカッションのゴールは何か?

それは、「何かの議題に関して最高の結論を得る」ことです。
そのために、個々のメンバーから意見を集め、その意見の有用性をディスカッションしながらグループとしての最高の「結論」を導き出します。

 

グループディスカッション進行の流れとして

①個々のメンバーから意見を集める
②その意見の有用性をディスカッションしながらまとめる
になります。

 

簡単に言うと
①意見を集める
②意見をまとめる
になります。

 

この進行をスムーズに進めるために司会者がいて、時間内に結論を出すためにタイムキーパーがいます。

 

おおきな流れは、理解できたでしょうか?

 

司会者は、メンバーに対し
・お題に対して考える時間を与え
・個々の意見を「発表」という形で集め
・集まった意見の有用性を討論しながら、結論をまとめていく

 

そして、結論がまとまったら
・発表の練習を行い、発表の漏れがないか確認。練習をします。

 

ここで重要なのが「時間配分」です。
・どのくらいの時間で意見を考えてもらうのか
・どのぐらいの時間で意見を集めるのか
・どのくらいの時間で意見をまとめるのか
・どのくらいの時間、発表練習をするのか

 

経験を積むと、お題の難易度から、時間配分まで考えることができます。

 

全体の発言意見を複数のフレームまとめて結論に導いていきます。

 

まとめると、グループディスカッションの攻略法は
・司会者、タイムキーパー、発表者の役割を理解し
・全体の流れを理解し
・練習を重ねること
になります。

 

集団討論の練習を積みませんか!
集団討論1日練習会

 

元採用担当者で元8大学の非常勤講師が説明



 合格内定

  |