公務員の適性検査対策④事務処理能力検査

公務員の適性検査対策④事務処理能力検査

公務員の適性検査対策④事務処理能力検査

公務員の適性検査には、
①クレペリン検査
②YG性格検査
③MMPI
④事務処理適性検査 などがあります。

  本日は、「事務処理適性検査」について説明します。
10分間で100問くらいを解いていきます。
ここからわかることは
・論理性
・頭の回転の速さ
・間違い率  

政策を作っていく職員に必要な能力は 論理性です。
その論理性は、事務処理適性検査を行うことにより見極められます。
政策を作っていく文章力は、小論文から見極めることができます。  

公務員職員として、「活躍する」とアピールするために適性検査対策を準備しましょう。
主に ・単純な計算 ・図形の変形 ・空間把握 などの簡単な問題が多数出ます。
 この対策は、「慣れる」ことです。 スピードが求められますので、練習を行えば速く解くことができます。   あなたも練習しませんか! 

 

アマゾンにて「事務処理能力検査」と検索すると数冊出てきます。
ブックオフ等の古本屋に手も売っています。

どんな問題があるのかを理解するとともに、練習を重ねておきましょう。

元採用担当者で元8大学の非常勤講師が説明



 合格内定

  |