大学講義で保育士職面接対策

大学講義で保育士職面接対策

大学講義で保育士職面接対策

大学内で保育士職希望者への模擬面接を通して、要点をまとめました。

 

 

公務員保育士職の志望動機において
・なぜ、公務員保育士で働きたいのか
この部分は、民間保育園との違いを述べる必要があります。

 

民間保育園では、様々な取り組みを行っており
・幼児教育
・様々なイベント
・オリジナル教育
等々、差別化を図っています。

 

しかし、目線が保護者に向いているような印象を個人的に持っています。

ここの民間保育園と公立保育園の違いから、市の保育士として働きたいと
答えていただきたいです。

 

・なぜ、ウチの自治体ですか
ほとんどの学生が地元以外を受けています。
ここ、どうやって納得してもらいましょうか?


なぜウチなのかの納得性が高い順番は
①地元
②祖父母の実家がある
③学校通っていた街
ですね。共通するのは、「大好きな街」です。
ここ、しっかりと考えておいてください。

 

・理想の保育士像
 公平性を担保できる人
 リスク回避のできる人
 向上心のある人
 教育に情熱のある人
 など・・

・自己PR
 積極性やリスク回避等をアピールすると共感されることが多いようです。

・がんばったこと
 問題解決を周りを巻き込んで行った経験をお勧めします。


・アルバイト等でクレーム対応の経験があるか

 保護者への対応ができるかどうか・・確認のためです。


・発達障害等の知識、対応

 学校で学んだことを復習しておくと良いですね。


・事故が起きないようなリスク回避能力

 保育時に注意することをまとめておくとよいですね。


保護者が安心して子供を預けられる保育士像

それが自分であると・・アピールできるとよいですね。

 

 

  |