面接で伝える人間関係スキル

面接で伝える人間関係スキル

人は、

・何をやったらよいのか分からないとき

・どうすれば良いのか分からないとき

・一生懸命にやっているけど・・結果が出ないとき

・行動し続けることに心が折れるとき

・結果が目に見えて分からないとき

・・・・・等々

「空回り」の時に不安になります。

 

 

小学校→中学校→高校→大学と学校で勉強してきたことは

①暗記すれば点数が上がる。

②勉強の量に比例して点数が上がる。

等々、量に比例して結果を出すことができました。

 

しかし、仕事はそうではありません。

 

例え話しますね。
ここにレクサスの販売店があります。

同じものを売っているのにも関わらず、

Aさんは月に30台売る。

Bさんは月に3台しか売れない。

 

何が違うのか?????

 

ここの重要なことは、「相手が決める」ということです。

 

・販売店において、購入してくれるのは「お客様」

・自分の評価をしてくれるのは「上司」

 

お客様からしたら同じ商品を買うのであれば、「この人から買いたい」と思っている人から買いたいです。
営業の基本に「ものを売るより自分を売れ」と言われるのも理解できますね。

いくらがんばっても上司がその頑張りを知らなければ、評価をしてくれません。

 

 

どんなに就活生が「働きたいです」と伝えても、その情熱が面接官に伝わらなければ

内定を出していただけません。

 

 

・これをやれば、内定が出る。

・これをやれば成功する・・・・

という法則が通じるのではなく「伝える人間関係のスキル」が必要です。

コンピテンシーの種類

 

しかし、これまでの学校などにおいての学びでは、この「伝える人間関係のスキル」を学ぶ機会があまりありませんでした。

 

就活生がこの「伝える人間関係のスキル」を学ぶ良い機会がアルバイトだと考えています。

 

アルバイトにおいて「コミュニケーションスキル」を学んだエピソードを

一緒に作りませんか!

 

ポイントは、映画のストーリーのような「ストーリー性」です。

映画には、鉄板の感動ストーリーがあります。

その鉄板ストーリーを「がんばったことエピソード」の中に盛り込めば・・・
ここ、個人レッスンにて直接説明しています。

 

  |