適性検査のロールシャッハテストでわかること

ロールシャッハテストって!聞いたことありますね!
ロールシャッハテストとは?

ウイキペディア
被験者にインクのしみを見せて何を想像するかを述べてもらい、その言語表現を分析することによって被験者の思考過程やその障害を推定するものです。

テストには、紙の上にインクを落とし、それを2つ折りにして広げることにより作成されたほぼ左右対称の図版を持つカード(ロールシャッハ・カード)が用いられる。このような図版は原理的には簡単に作成できるものであるが、現在でもロールシャッハによって作成されたものが用いられている。カードは10枚1組で、無彩色のカードと有彩色のカードがそれぞれ5枚ずつ含まれる。各カードは約17cm x 24cmの大きさを持つ。

投影法一般について言えることではあるが、ロールシャッハ・テストは、被験者にとって、どのように反応するとどのように分析されるかが分かりにくいため、回答を意識的に操作する反応歪曲が起きにくく、無意識な心理の分析が可能であるとされ、1920年代に開発されて以来、長年にわたって広く用いられている。

一方、テストの科学的妥当性への疑問や回答結果の分析に高度な技術を要し効率が悪いといった批判も存在する。

 

https://re-sta.jp/rorschach-test-7858

15分でわかるロールシャッハテスト-無意識を投影する性格検査
ここで詳しく説明しています。

画像は、上記サイトからです。

 

 

この検査から被験者の思考過程やその障害を推定するのは難しい中、いくつかの県警察ではいまでの使われているようです。

 

専門的な知識がないと回答からの解釈はできないため、簡易的ないくつかの項目を確認されていると判断します。

 

ある障害のある方には、一つの絵にしか見えなく、
健常者には、普通の絵が見えると思います。
その回答までの時間を含めて、「何が見えるのか?」がポイントです。

 

対策は、特にできないと考えます。
その理由は、ある障害を持っている方には、その絵しか見えないので・・・
すぐに健常者の答えが出せないからです。

 

そんなに心配しないでください。
普通であれば、同じような絵に見えるはずです。

 

見えた絵をすぐに回答してくださいね。

 

  |