人はロジックだけで動いていない

人はロジックだけで動いていない

仕事をするということ

ほとんどの社会人は、常に誰かと係わって仕事をしています。 ・誰かに何かを売る。 ・誰かのための何かのデザインをする。 ・誰かのために何かを直す。・・・・・・・・・ 何かの仕事をするということは、 何かを提供し、代金をいただきます。  

すこし考えてみてください。

自分が何かを購入する場合、「感情」が動きます。   ●車を購入する場合 車を収集するのではなく、車でどこかに行き、何かしらの「感情」を得たいから購入します。   ●宝石を購入する場合 多くの人に自分の持っている宝石を見てもらい、少し「優越感」という「感情」を得たいから購入します。   ●家を購入する場合 自分の家の中で、家族が幸せに暮らす事を期待して購入します。   決して「物」が欲しいのではなく、その後の「感情」が欲しいから購入の決断をします。   ここに「感情」が働き、満足感が得られます。  

顧客に対し、「感情」を湧きたてることができる=トップセールスマン

●お客さまに「商品に対しての興味」を湧きたてることができる人 ●お客様に商品の良さを説明できる人 ●お客様に商品使用の「イメージ」を描かせることが出来る人 ●お客様に対し、誠意を持っている人 多くの場合お客様は、商品購入後の「感情」を得たいがため購入の決断をします。 好きな人にプレゼントをあげるのは、その人に喜んでもらいたいため・・・  

お客様に「感情移入できる人材」を企業は求めています。

・お客様を理解しようとする姿勢 ここには、他人の状況・立場・感情・動機を感じ取れる能力が必要です。 そして、自分を相手の立場に置き、感情を分かち合う能力も必要です。  

トップセールスマンは、

お客様を理解し「自分が相手の立場ならこうする」と想定し、 お客様に共感したうえでアプローチをかけています。   共感をすると、自ずと「次はこういう行動をするだろう」と相手の動きがみえてきます。 相手の動きが見えれば、先手を打って的確な対応ができるようになります。 人間はロジックだけで動いているわけではありません。  

感情で行動は大きく変わります。

相手の感情の動きまでつかんでいないと、的確なアプローチはできません。 この感情移入はコミュニケーションの基本です。 ・面接官に自分に対し、興味を抱かせられるか ・面接官に対し、自分の能力を100%説明できるか ・面接官に対し、入社後の活躍をイメージさせられるか この能力は、天性として誰もが持っている訳ではありません。 経験により身に付いています。   経験がないのであれば、「気づき」の練習により身に付きます。   関連記事 【やりたい仕事って何?】
【答えはいつも自分が持っています】
【何をしたらよいか分からないとき】
【就活で何をしたらよいか・・・・】
【やりたい仕事を一生の仕事にすること】
【自分に無理をしない生き方】
【無料キャリアカウンセリング】
【モチベーションの原動力について】
【就活がうまくいかない特】
【最近夜眠れない・・・】
【仕事のやる気について】
【一つの言葉がいつも目に飛び込んで・・】

  |