グループディスカッションでやってはいけないこと

適性検査集団討論面接カード面接対策

グループディスカッションでやってはいけないこと

グループディスカッションでやってはいけないこと

グループディスカッションにて見極めていること
「一緒に働けるか」の相性があります。
企業内では、チームで仕事をすることも多いです。
その相性にて、
・相手の意見に反対ばかりする
・全く意見を言わない
・いつも怒った表情である
などが挙げられます。

 

①相手を否定する

限られた時間の中で結論を出すには、否定ばかりではよい結論を出すのは難しいです。
相手を否定することから、前向きな議論に発展することが少ないからです。

 

個人的な見解として、一緒のチームの中で「評論家のような意見を言う人」があまり好きではありませんでした。
「あれがだめ」
「だからだめ」
否定することは誰にでもできます。

 

否定するよりも。前向きな意見を言いましょう。

 

②意見を言わない
チームミーティングに積極的に参加しても意見を言わなくても、賃金が支払われている場合が多いです。
意見を言わないで・・参加していないと⇒「ただ参加しているだけ」と多くのメンバーに思われてしまうことが多いからです。

メンバー全員が意見を言わなかったら・・・どうなるでしょう?

議論が先に進まなくなりますね。

周りのメンバー発言回数を気にしながら、後れを取らないようしましょう。

ただし、数だけ発言して「トンチンカン」な発言が多いのも問題ですね。

 

③怒った表情のような・・・
笑顔で活発に意見を出し合っているチームと怒った顔同士メンバーが意見を出し合っているのでは、雰囲気やイメージが違いますね。

多くのメンバーは、気持ちよく仕事をしたいと思っているからです。
メンバー同士、この表情について気にする方が多いです。
私は、気になります。

 

ぜひ、常に笑顔でグループディスカッションを乗り切ってください。
相性をアピールできると思います。

 

Zoom面接特訓練習会
1日かけて面接の練習を
直前に回答修正が最適
やり直しきかない本番前に模擬面接を!

  |