民間企業に向いている人材 チャレンジ精神

民間企業に向いている人材 チャレンジ精神

チャレンジ精神のある人

チャレンジ精神が必要な理由は、

グローバルで勝つためには

・もっと早く

・もっと安く

・もっと軽く

・もっと簡単に

・もっとたくさん

・もっと・・もっと・・

これらの差別化を持たなければいけないからです。

 

できれば、チャレンジな目標を達成したエピソードを作って下さい。

 

一つ気をつけなければいけないこと
「本人がチャレンジングなこと」と思っていても、周りからすると「普通のこと」かもしれないことです。

 

ここを回避するには、
「前任者がさじを投げた案件にチャレンジし・・・」
「これまで誰もやっていない方法にチャレンジし・・・」
「前年実績の倍というチャレンジな目標を立て・・・」
などのように、チャレンジの「ものさし=指標」を入れる必要がありますね。

 

時々勘違いするのは、
「初めてのことにチャレンジし・・・」
この場合、「誰もが初めてのことを行うこと=チャレンジなこと」なのか?定義つけが必要ですね。

 

できるだけ、個人的な絶対指標を盛り込むのではなく、採用担当者からみた相対指標を盛り込んで、「チャレンジ」とアピールしてください。

 

民間上場企業ホームページ内の求める人材ページに
「新しいことに挑戦する人材」
「チャレンジする人材」などが載っていることが多いです。

 

できるだけ、ガクチカ、自己PR内容に「チャレンジングな目標を達成した」エピソードを盛り込んでください。

 

エピソードが思い浮かばない方へ
一緒に企業にあったエピソードを作成します。

元採用担当者が添削
1時間20分ZOOM個人レッスン

 

 

集団討論面接カード面接対策



 合格内定

  |