採用担当者が考える「チャレンジ精神」

採用担当者が考える「チャレンジ精神」

採用担当者が面接において見極めたいことに「チャレンジ精神」があります。

なぜ、チャレンジ精神を必要としているのか?

 

それは、高い目標に向かって欲しいからです。

そして新しいことに取り組んで欲しいからです。

高い目標を持たないと成果は生まれません。

 

チャレンジ精神の定義を考える。

・チャレンジ精神とは、純粋にまっすぐな気持ちで、 新しいことに挑戦できる気持ちのこと

・成功している人の多くは、チャレンジ精神を持っている。

・将来に対して不安を感じない気持ちを持つ。

・チャレンジ精神を持つのは誰にでもできる。

・チャレンジ思考を持つ人は、マイナス思考を持たない。

・チャレンジ思考を持つ人は、行動力がある。

・チャレンジすると新しい問題にぶつかる。

 前例がないので、自分で工夫を重ね、試行錯誤する。

 PDCAサイクルを回さなければいけない環境があり、自己成長に繋がる。

 試行錯誤、工夫から得たノウハウは、他の誰もがやっていないので「強み」となる。

 

PDCA

 

チャレンジ精神のエピソードとは?

・学生の間に、何か新しいことに取り組むなど。

 新しいサークルを作る

 学生起業を行う。

 クラブ活動において何かにチャレンジする

 レアなアルバイトで働く。

 国家資格に取り組む。

 ひとりで、外国を歩き回る。

 

 チャレンジ精神をもって何かを始めた後は、PDCAサイクルをもって成果を出していけばPDCAサイクルもアピールできます。

 

元採用担当者が1日かけて面接回答を
面接官が納得する内容に添削します。

面接1日特訓練習会

 

 

人気の関連記事

【強みの「粘り強い」について】

【面接でアピールすべき「強み」ものさしの違い】

【エントリーシートを書くポイント「重要事項を強調」】

 

集団討論面接カード面接対策



 合格内定

  |