論理力:5W1H思考

論理思考を身につけるには、5W1Hで考えることです。

集団討論テーマ 警察官 面接質問集

ウエブ面接対策

最初に「なぜ?」がファーストステップであると言いました。

次のステップは、5W1Hで考えることです。

 

<例>
ある10店舗の飲食チェーン店の売上が落ちています。
原因を追究して対策を講じなくてはいけません。
このときに 5W1Hで考えていくと楽です。

 

①When:いつから売上が落ち始めたのか?
②Where:どの店の売上が落ちているのか?
③Who:どんなお客様が減ったのか?
     新規お客様?
     常連お客様?
     年配のお客様?
     若いお客様? 男性?女性?・・
④What:どんな商品が売れていないのか?
     メインメニュー?
     サイドメニュー?
     ドリンク?・・・
⑤Why:なぜ売れなくなったのか?
     近隣に競合店がオープンした?
     競合店が値下げした?
     店舗前通行量が減った?・・・
⑤How:どのように?
     一気に売れなくなった?
     徐々に売れなくなった?
     客数が減った?
     客単価が下がった?

 

ひとつの問題に対し、この思考で考えていくと、簡単に原因にたどりつきます。

 

面接等で、面接官の質問に回答するときには、

この5W1Hを常に頭に中に描きながら答えていくとモレも少なくなりますね!

 

人気関連記事

お礼a_btn045

  |