面接であがってしまったら

面接であがってしまったら

面接であがってしまったら

 

面接であがってしまったら
本番の前であれば深呼吸をしましょう。

落ち着くこと間違いありません。

あがってしまうと心臓がドキドキして脈が速くなりますね。
しかし、深呼吸をすると脈は落ちつきます。
アップルウオッチで測ってみたところ、大きく脈が下がりました。

面接の前に待つ待合室では、深呼吸を行い、脈を揃えましょう。

 

本番途中であがってしまったら・・・・
困りますね。
その時は、

「セキをしてください」

 

セキをすることによって「腹式呼吸」になります。

深呼吸をしたのと同じ効果があります。

 

緊急時の「技」としておススメします。
頭が真っ白になったときにも「セキ」は使えますね。

十分な面接練習を行うことがあがり症の克服方法のベスト対策です。
面接慣れですね。

模擬面接を受けて、模擬面接官から
「今の回答でOKだよ。本番、落ち着いて答えてね」と承認を受け、本番時に同じ質問を出されたら、自信をもって答えられますね。

あがる原因の一つが、「不安」なんです。
この「不安」を払拭するためには、回答の添削を受けるのがよいですね。

 

 

  |