技術者が持つべき能力:問題解決力

技術者が持つべき能力:問題解決力

技術者に必要な能力として ①問題発見能力 ②真の問題特定能力 ③問題解決能力 があげられます。 これらの能力は必須な能力です。   この3つの能力が再現性をもって発揮されているということは 自分の中で 「①問題を発見する」コツ・ポイントを持っていることになります。 「②の真の問題」も同じです。 いくつかの問題が抽出されたときに どの問題が「真の問題」であるか特定する必要があります。 ここにも自分なりのコツ・ポイントがあります。 ③の問題解決能力の発揮も同様です。 多くの問題を解決してきた経験から 何かしらの問題解決のコツ・ポイントを持っていると思います。   これらのことを確認するためにこんな質問をしています。 ①問題を発見する自分なりのコツ・ポイント・視点はありますか? ②真の問題を特定する自分なりのコツ・ポイント・視点はありますか? ③問題を解決する自分なりのコツ・ポイント・視点はありますか?   これらの質問に対し、 「問題を発見するための自分なりのポイントは3つあります。 一つ目は、時系列でみることです。 結果には原因が必ずあり、この二つには時間的な相関関係があるからです。 二つ目は、・・・・・ 三つ目は、・・・・・」 結論と根拠を簡潔に述べ、複数の回答を持っていること。 ②と③の質問に関しても 同様の明確な回答が出来ること。 ・・・ここを確認しています。   問題解決するときに 再現性のある 自分なりの 問題発見 問題特定 問題解決の方法を持っていますか? 考えてみてください。 多くの方は、意識しないでやっています。   ただなんとなくやっているのと 体系化してやっているのでは大きな差が生まれます。 ・他人に説明するときも ・新たな視点・方法を考えるときにも 今までのやり方・視点を明確にできれば 違う視点・やり方が見えてきます。   自分自身の問題解決能力について 体系化してみませんか? 新たな発見があるかもしれません。 今までにない方法や視点が生まれるかもしれません。  

ヒント・コツを目次でまとめました。

面接質問集 集団討論テーマ 警察官 模擬面接練習・集団討論練習・面接カード添削等を実施

ウエブ面接対策

  |