大学講義:クレペリン検査、筆記試験

昨日の大学講義内容

pic_g036

昨日は、

クレペリン検査の実施と

筆記試験について講義を行いました。

クレペリン検査

クレペリン検査は、公務員の性格検査に使われることが多く

民間企業でも中小企業を中心に使われています。

 

クレペリン検査の特徴は

①操作ができない

 つまり、理想の人物像になって回答をするなど

 うそをつくことができないため、採用する側から考えると

 「素」の性格を読みとることができます。

②作業量判定から、頭の回転の速さがわかる

③情緒が安定しているのかどうかがわかる

④一生懸命取り組む姿勢をもっているかどうかわかる

⑤最後まで粘り強く物事を行う姿勢があるかどうかわかる

⑥学習能力がわかる

などですが、コンピュータで解析を行うと

更に性格を読み取ることが出来ます。

クレペリン結果

そのクレペリン検査を体験してもらうと共に

性格診断の読み方を講義しました。

 

後半は、SPIを中心に

・どんな問題があるのか?

・今から何をすればよいのか

(受講生が2年生)

・この検査から何を見極めているのか

・性格検査とはどんなものか

について講義しました。

SPI3

コツコツと準備してくれるのを期待して講義しました。

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme