面接の練習方法

面接の練習方法について

pic_g138

面接の練習方法について

間違った認識を行って練習をすると・・・

うまくいかない場合があります。

<例>

志望動機を1分くらいで何回も練習してきたAくん

面接官から

「なぜ、当県警で働きたいのですか?」

質問されているのに

「私が警察官を志望したのは・・・・」

普通に志望動機を答えていたら

 

質問に答えていないことになりますね。

 

こういったことは

非常に多くあります。

 

回答力のない方は

このような

作られた回答をしようとします。

 

警察官の仕事には

マニュアルとおりに進む仕事は少ないですね。

 

ということは

そのときの状況に応じて対応できる

「状況判断力」が必要とされます。

 

「状況判断力」を持っている方は

このような

マニュアルとおりの回答をするでしょうか?

 

 

「状況判断力」を持っている方は

質問に応じた「的を得た回答」をするはずです。

 

ここがポイントです。

 

これを磨くにはどうすればよいのか?

 

それは、

模擬面接をうけることです。

 

深堀り質問を受け

さまざまな角度から

言い方を変えて質問されることに対して

的を得た回答をする練習をする訓練ですね。

 

 

本番面接前には

模擬面接を受講しませんか?

http://www.reservestock.jp/page/event_series/4859

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme