面接時に礼儀正しさを出すには

面接時に、礼儀正しさを出すには・・

入室時、

・だらだら歩かない

・背筋を伸ばす

・手の指まで伸ばす

・動作に機敏を出す

・動作にメリハリを出す

・身体が揺れない

・動作に「間」を出す

・目が泳がない

・口角が下がらない

・不自然な動きを出さない

・・・・・

 

礼儀正しさ

誠実

正直

などは、態度・表情・しぐさから判断します。

 

つまり

この態度・表情・しぐさ

しっかりと真似て出せれば

誠実

正直

礼儀正しさ

面接官に与えることができます。

 

ここのトレーニングには

「イメージトレーニング」が最初に必要です。

 

イメージできていないことを

行動として行うことは・・・難しいですね。

 

出かけたとき

様々な方の態度・表情・しぐさを良く見て

どんな態度・表情・しぐさから

・誠実さ

・正直さ

・礼儀正しさ

を感じるのか

気づいてください。

 

理解したら

行動に起こすことができるはずです。

がんばってくださいね。

 

 

 

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme