警察官面接に落ちる人の特徴「客観的でない」

警察官面接に落ちる人の特徴「客観的でない」

警察官に必須の能力かもしれませんね。
適性検査のYG性格検査でも
この「客観性⇔主観性」を見極めています。

警察官は、法の番人です。
・様々なトラブルで問題を抱えている人
・法律を違反した人
・犯罪を起こした人
・事故を起こした人
・・・・
解決するには、客観的に法律と照らし合わせる必要がありますね。

容姿だけをみて、被害者と判断するのは・・・だめですよね。
容姿だけをみて、加害者だと判断するのも・・ダメですよね。

客観性があるのかどうかを見極めるには、面接において「根拠の事実」を質問から確認します。

「警察官としての心構えは何だと思いますか?」
「なぜ、その心構えが必要だと思いましたか?」
「具体的にその心構えを持っている人は、どんなことをしていますか?」

一つのことを深堀して、「事実」を探っていきます。

その前にYG性格検査の結果も、客観性があるひとつのデータですね。

あなたの適性に「客観性」があるのを確認しませんか?
こちらでYG性格検査を通しての客観性を確認できます。
https://www.reservestock.jp/page/event_series/2334

その後に、面接を通して「客観性」をアピールするには、面接問題点を改善しませんか!
1日面接特訓模擬面接で確認と改善ができますよ。
https://www.reservestock.jp/page/event_series/5459

警察官面接に落ちる人の特徴「客観的でない」

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme