コンピテンシー面接で答えること:トピックセンテンス

コンピテンシー面接で答えること:トピックセンテンス

普通の会話をイメージしてください。
面接官があなたに
「学生時代に頑張ったことは何ですか?」
と質問しているのに、

「私は、飲食店で〇〇の仕事をしていました。」

どうでしょうか?
最初の質問である
「頑張ったことは何ですか?」に答えていませんね。

 

ここから
「的を得た回答ができない・・・」と判断されます。

 

つまりここでは、
「私は飲食店の接客アルバイトにおいて、おもてなしのサービスを徹底することで常連客を増やし、売り上げアップに貢献しました。」

 

このように答えたら面接官は
「なるほど、サービスの徹底⇒常連客増⇒売上アップを行ったんだね。
じゃあ、具体的におもてなしのサービスは何をやったの?」
・・と思います。

 

その後に、どんなおもてなしのサービスを行ったのか・・を説明すれば面接官は。
「それでどうなったの?」と思い

その後、
おもてなしサービス⇒常連客増にどう繋がったのか?
ここが説明されれば、面接官は
「なるほど、そんなサービスをされたら私も常連客になるよな」
「それで、売り上げが上がったんだね・・」
と思います。

 

最後に
「私が働いている平日18時以降の売り上げが40%上がりました。」
と説明があったら面接官は、
「なるほど・・・具体的に数字で示すとは・・客観性もありそうだ」

 

このような感じになります。

 

最初が、ストーリー全体を示すトピックセンテンスから
全体像をイメージできるのは、「分かりやすい文章」と言えますね。

 

このエピソードが、面接官に
「この受験生は優秀だ」とイメージさせるように
添削を受けませんか!
全国からスカイプで受講できます。
https://www.reservestock.jp/page/event_series/2713

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2018 Frontier Theme