面接の一貫性は何か

面接の一貫性は何か

面接の一貫性は何か

適性検査集団討論面接カード面接対策

面接の一貫性は何か
中途の場合、
転職するということは、今の仕事に問題があるということです。


今の仕事に問題がない場合、満足しているのに転職はあまり考えないと思います。
ただし、今の仕事に問題があるのではなくプライベートに問題があるのであれば、転職理由は言いやすいですね。

 
<プライベートな転職理由>
・実家に帰って地元で働く必要がでた
・親の介護が必要で地元に帰る
・結婚により引っ越しすることになった
など

しかし、プライベートでない転職理由の多くは、

・給与が低い
 →悪口になるので、批判的なことを言いたくない

・労働環境が合わない
 →うちの労働環境も同じかもしれない

・やりたい仕事ではない
 →うちの仕事でもやりたい仕事はできないかも
等々、多くあります。

100人転職希望者がきれば、100通りの転職理由があります。
矢印→の後に記入した内容が面接官の転職理由を聞いた気持ちだとすると、納得できない状況が多いですね。

例え話をします。
「スポーツカーに乗っていた人が、ワンボックスカーに買い替えたい」と言ったら、どの理由に納得するでしょう。

面接の一貫性は何か
A:「前からワンボックスカー欲しかった」
これを聞いたらあなたは、
「えーじゃあなんでスポーツカーを何台も乗っていたの?」

B:「彼女と二人で乗るにはスポーツカーでよかったけど、結婚の予定と子供ができたから、将来を考えワンボックスカーにした」
これを聞いたら、
「なるほど・・」
納得できるのではないでしょうか!

 

この問題解決できるのが、転職先である受験先ですね。
次の仕事でその「転職理由の問題」が解決できるのでしょうか?

 

ここで必要なのが
・転職志望動機

・その会社を選んだ理由
・やりたい仕事
この3つに一貫性が必要ですね。

ここを整理しておくことが、面接官を納得させる「志望動機」になりますね。

 

伊藤内定ゼミ

 

<



 

  |