集団討論のタイプ別攻略法②賛成か反対か、グループとしての結論をまとめるタイプ

集団討論のタイプ別攻略法②賛成か反対か、グループとしての結論をまとめるタイプ

 

是か非かの集団討論のお題

<<例>>
「救急車の有料化について是か非か」
「大学無償化について是か非か」
「ドライブレコーダーの義務化について是か非か」


是=賛成
非=反対
についての意見を発表し、グループとしての結論を出すものです。

 

ここで見極める「能力」は、論理性です。

最初の意見発表では、「私は、〇〇〇〇について是、賛成です。その理由は・・・・」のように発表します。

その後、グループとしての結論をまとめます。

 

結論をまとめるにあたり、暗黙の了解でやってはいけないことがいくつかあります。

 

①多数決で決める
討論を通して能力を見極めようとしているのに、多数決をしてしまうと・・・能力を見極めることができません。

過去、ウチの生徒さんで、「集団討論中、結論がまとまらなく、司会者が多数決を取りたいと言い出しました。伊藤さんに言われた多数決はダメなことを思い出し、・・・多数決をとるのではなく、討論で結論をまとめましょう・・と発言し、討論を続け、結果を出した結果、グループの中で一人、内定を獲得できました。」と内定報告をしていただいた生徒さんもいます。

難しいのは、賛成が多数なのに反対が一人いて、全員一致にならなかった場合です。

この場合には、論理的なトレードオフを活用し、説得する必要があります。

 

②最初の発表で全員一致の結論が出たため、それで終わりにする。
ここも、⓵と同じように「結論」を出すのがゴールでなく、討論を通して能力を見極めのがゴールなので、発表時に全員一致で終わるのはダメなんです。

その場合には、あえて自分が反対派に回って討論を進めるのをおススメします。

かっこいいですね。

全員の発表が賛成で終わった時、
「皆さんの意見が賛成なので私は反対派に回りたいと思います。あと3名くらい、反対派に回ってもらえませんか?・・司会者さん、反対派の意見を考えますので時間を1分もらっていいでしょうか?・・・」反対派に回った4名の意見をメリット・デメリットでまとめて討論すると、かっこいいですね。

 

全員一致で意見をまとめるのがゴールです。

そのためには、賛成意見、反対意見のメリット・デメリットを表にして書き出しましょう。

<<例>>
「新規事業に参入するなら、 高級路線か、 または低価格路線か」

最終的にトレードオフにより、結論を出せたらOKです。

 

公務員の仕事には、このトレードオフが多くあります。
行政は、〇〇〇〇という施策を行いたい。

しかし、住民は反対する。
その場合には、トレードオフを行い施策を住民に納得いただき、進めていきます。

 

このトレードオフの集団討論攻略法を学びませんか!
2時間半の講義後、7回の集団討論を行い学びます。
横浜、大阪、名古屋で定期開催しています。
集団討論1日練習会 2日目無料

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2020 Frontier Theme