転職しようと思ったときに理解すべき事

 

転職しようと思ったときに理解すべき事

転職活動の最大の山場は、「面接」です。

面接って・・・いやですね。

この面接・・・・。たった30分で他人の能力を評価するこの「面接」

やるほうもいやです。

やられるほうもいやですね。

できれば、3ヶ月くらい一緒に働いてもらって

採用するかどうか決めたいですね。採用側からすると・・・。

 

そういえば、26年前 1回目の転職時、

採用面接の前に「1日就業体験」がありました。

1日 一緒に働き、

応募者からは、「仕事理解」

企業側からは、「能力、コミュニケーション力」を判断する機会として

あったと思います。

その会社は今はやっていません。

いまでもすごく良かったと思っています。

 

就業体験の機会を増やすと、転職希望者、企業、共に

Win-Winになると思っています。

 

そういえば、新卒採用も「インターンシップ」から判断する傾向も

ありそうです。

アメリカやヨーロッパではほとんど「インターンシップ」が主流で、

この「インターンシップ」に参加するために試験があります。

日本もそうなるのでしょうか!!!

 

中途転職の話に戻ります。

最初に、「なにが出来るのか?」の棚卸しをしなければいけません。

中途は「戦力」を求めています。その「戦力」を持っているかどうか・・・

過去の職歴、業績からまとめなくてはいけません。

これに数日かかります。

 

次に、性格や価値観を知り、「なぜ今の仕事が天職でないのか???」

理解する必要があります。

これは、一人では出来ませんので、自己分析シートから

自己棚卸をしていく必要があります。

 

ここまでで「自分のやりたいこと」「できること」の棚卸しができたら、

次は、最もやりがいを持って働くことが出来、自分を高く買ってくれる企業を

探し始めます。

このマッチングは難しいです。なぜなら、求人が少ないからです。

 

ここに「戦略」が必要です。

 

戦略が出来上がれば、戦術を通して企業にアプローチをかけていきます。

100社にアプローチをかけて、数社の面接までいくのも大変です。

ほとんどの人は転職の厳しさを理解できていないようです。

時として心が折れるときもあります。

ポイントは
①自己棚卸し

②職務経歴棚卸し
③最大に自己アピールできる「履歴書」「職務経歴書」の完成
④転職活動戦略
⑤面接対策
以上の5つと思っています。

 

転職のサポートを受けませんか!

履歴書、職務経歴書の添削から始めます。

1時間50分マンツーマン面接対策個人セッション

夜24時まで受講できます。

1時間20分模擬面接 詳しくはこちらへ

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/1084

 

差別化必要です。

 

 

お礼a_btn045
 

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme