警察官採用面接で圧迫面接をする理由

警察官採用面接で圧迫面接をする理由 警察官は、何かのトラブルに巻き込まれている市民の側に立って 問題解決を図っていかなければいけません。   時として、興奮している方や怒りをもっている方もいます。 そんなトラブルの中で仲裁をするには 強いストレス耐性が必要です。   この強いストレス耐性を持っているかどうか・・・・ 圧迫面接をすれば確認できます。 GUM02_PH03121  

圧迫面接の対策とは?

・面接官の言い捨てる発言を「圧迫面接」だと理解してください。 ・動揺したら「負け」だと理解してください。 ・模擬面接で圧迫面接を受けてください。 ・模擬面接で圧迫面接時の自分の反応をビデオで撮ってください。 ・ビデオから自分の反応状況が分かります。(目線、表情など) ・何回も圧迫面接を受け、自分の反応状況が改善されているか確認。 ・ここには、訓練が必要です。 ⇒ビデオ撮影する模擬面接行っています。  

圧迫面接は、冷静に対処できます。

トラブル発生時の市民の理不尽な論拠に対し 客観的に、論理的に対応するためにも論理的な回答も必要です。 この論理的な回答は、面接によって確認できます。 相手の質問に対し、回答し、論理的な根拠を説明する。 普段のコミュニケーションではあまり使わない 結論⇒根拠の回答方法を学んでください。  

論理的回答対策とは、

・質問に対し、結論だけを回答する訓練を積み重ねる。 ・簡潔な回答が言えるようになったら、根拠を15秒~20秒で言えるようにする。 ・多くの質問に対し、結論⇒根拠の回答を繰り返す。 ・この回答を録音し、論理的な論拠なのか自分で確認する。 ・台本は作らない。 ・面接は、アドリブです。 ・同じ質問でも毎回言い方が変わってもOKです。 ・そのときの自分の言葉で伝えること。 ⇒模擬面接受講者にオーディオ面接プレゼントしています。  

ストレス耐性が弱い人は、

目を直視して離すことができません。 なぜなら、自分の話す内容に対して相手の目が動くことに 耐えられないからです。 ・目が動く⇒相手は動揺した?何か考えた?⇒私は間違ったことを言った?・・・・ 相手の目が動くことにより、自分が動揺してしまう。 ・自分が動揺したくないから⇒目線を外す。 面接中は目線を外さないようにしてくださいね。  

目線を外さないようにするには、

・こめかみの辺りを見て面接官と話をしてください。 ・自分の目線が動いているかどうかビデオ撮影し確認してください。 ・本番と同じ、緊張する環境の中で模擬面接を行ってください。 ・模擬面接で練習が必要です。 ⇒模擬面接を受けて練習してくださいね。  

短期間に警察官面接レベルを向上させたい方へ

1日に5回模擬面接行う面接1日特訓練習会

 

  |