保育士・幼稚園教諭に求められること

保育士・幼稚園教諭は保護者から大事なお子様を預かります。


保育士

問題があってはいけませんね。

 

★求めない人材
・子供に愛想がない
 ⇒子供がなつかない
 ⇒行きたがらない可能性大
  ↓ どのように見極めるのか
・面接時の笑顔

 

・子供に好き嫌いがある
 ⇒特定の子供をかわいがるかもしれない。
 ⇒保護者からクレーム発生大

  ↓ どのように見極めるのか
・公平性を確認する質問など

 

・同時に多くのことを見れない人
 ⇒客観的に多くの子供の状況を把握できない。
 ⇒園庭で遊ぶ子供たちの事故のリスク回避ができない。
 ⇒大きな事故発生の可能性大。
  ↓ どのように見極めるのか
  ・状況判断の質問をする

 

 子供たちの可能性を引き伸ばし、人間性を身に付けさせることも大切ですが、何か問題が発生したら・・・・大事なお子さんをお預かりする訳ですから・・・・・

 

★求める人物

・子供が好きな人

・子供を育てることに情熱を持っている人

・事故発生のリスク回避ができる人

・保護者とうまくやっていける人

・トラブルの対応ができる人

・公平に子供と接することができる人

・・・・・・

 

面接においては、

求めない人物かどうか確認するため質問をします。

求める人物かどうか確認するため質問をします。

 

理想の保育士・幼稚園教諭のイメージをしっかりと持つことが必要。

・幼児にとって理想の保育士・幼稚園教諭とは?

・保護者にとって理想の保育士・幼稚園教諭とは?

・学校法人にとって理想の保育士・幼稚園教諭とは?

・同僚にとって理想の保育士・幼稚園教諭とは?

箇条書きに書き出してみましょう。

 

そして、その理想とのギャップを知りましょう。

そして、ギャップと縮めるべく努力しましょう。

面接対策になりますよ。

 

保育士の鉄板面接を集めました。
こちらを参考にしてください。
【面接質問集:保育士編

  |