強みの「粘り強い」について

就活生の考える「粘り強い」について

pic_g087

粘り強いをアピールする就活生は多いです。

しかし、

多くの人が1年かかることを

2年もかけて粘り強く行ってもアピールにはなりません。

粘り強く行ったことに関して

「質」「期間」をしっかりと明示する必要があります。

 

粘り強くアピールするときには

・そのゴール達成のレベル(どくらい大変なことなのか)

・どれくらいの期間行ったのか?

・他の人に比べて早いのか

これらも言う必要があります。

 

結果が出ていない「粘り強さ」はアピールとして弱いです。

 

自己PR時の「粘り強さ」をアピールするときには

注意してくださいね。

お礼a_btn045

 

 

やるか!やらないか!

 

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme