京都府庁の集団討論練習をする

京都府庁の集団討論練習をする

過去の集団討論課題

平成30年度

課題:「『食品ロス』を削減するための施策について」

「食品ロス」とは、本来はまだ食べられるにもかかわらず廃棄される食品のことを指します。農林水産省及び環境省が2018年に公表した平成27年度の我が国の食品ロスの推計値では約646万トンと、世界全体の食糧援助量約320万トン(2015年 WFP)の約2倍に相当します。こうした食品ロスが発生する課題や背景を踏まえて、消費者及び事業者に対して、地方自治体が講じることができる効果的な施策について、意見を出し合って討論し、グループとしての結論をまとめてください。

 

毎年、京都のことについての課題が多いようです。

次に予想されるのは、
・京都の集中豪雨
・オリンピックにからめた観光客増やす施策
・京都のスポーツ振興
・京都高齢化に対する対策
・・等々

 

集団討論で勝つためには、
予想される課題に対し
・京都府の現状を調べる
・他自治体の成功事例を調べる
等、対策をしておくと、京都府の課題が出されたときに的確な発言ができると思います。

 

「何をやるべきを」を教えるのが集団討論1日練習会です。

 

集団討論1日練習会に参加した方からの内定お礼メールを読んでください。

 

大阪の淀川区民センターにて毎月、1日練習会を行っています。
集団討論1日練習会 2日目無料

集団討論1日練習会は、2日目無料なので、2日間で14回の練習が行えます。

経験値が能力を超えてアピールが出来るようになりますよ。

 

 

  |