面接における深堀り質問とは何か?

面接における深堀り質問とは何か?

面接における深堀り質問とは何か?

面接だけで、その人が優秀であることを見極めるのは難しいです。
その理由は、面接で多くの人は「自分にとって不利なこと」を言わないからです。
また、受験者はアピールしなければ内定をとれないため、自分を大きく見せようとするので、面接官は客観的な指標を持っていなければ正確な面接ができないからです。

面接カード記入時、能力・強みを具体的にアピールするテクニック
こちらで説明していますように、
学生:自分内での絶対評価でアピールすることが多く
採用担当者:数千、数万人の受験者から相対評価で評価しています。

深掘り質問をする必要性

・チーム成功を自分の成功のようにアピールする
チームでの成功をあたかも自分がやったことのようにエピソードを作ると
その成功に導く行動は、自分が考えて行動したものではないので・・・
「なぜ?それをやろうと思ったのですか?」の質問に答えられません。
つまり、その行動を行う「根拠」=思考プロセスであり、その思考プロセスを知るために質問します。

・回答が深い人を見極める

深掘りしても答えられるということは・・・
知識も多く、論理性も高い→という判断できますね。

対策は、専門家からコンピテンシー面接を受けることです。
・一番大変だったことは何?
・なぜそれが大変だったの?
・その問題は何だと思った?
・なぜそれが問題だと思った?
・その問題解決策はいくつ考えた?
・なぜそれを行ったの?
・他の解決策と比較して優先順位をつけた理由は何?
・失敗のリスクは何を考えた?
・一番工夫したことは何?
・PDCAサイクルを回すときに気をつけていることは何?
・・・・・
これらは全て、最初の
「一番大変だったことは何?」の回答によって異なってきます。

愛知県で就活指導していることから、トヨタ関連会社受験者も多いです。
この5WHYを中心としたコンピテンシー面接を徹底的に実施しています。
また、簡潔に3つの回答をフレームワークに分けて答える訓練を徹底的に行っています。
1時間20分間、全ての質問に対し、この深掘り質問に答えるレベルに達すると「難易度高い上場企業」から内定をとっていきます。

あなたも難易度高い企業に受験する場合、徹底的に深掘り質問の訓練を受けてください。
受講スケジュールはこちら

大学講師から1時間20分個人レッスン
1回きりの本番で失敗したくない人向け
回答を徹底的に納得できるものに添削

  |