「エントリーシート/職務経歴書」と「面接」の一貫性

「ES/職務経歴書」「面接」の一貫性

エントリーシートに書かれている 「志望動機」「長所・短所」「やりきったこと」「自己PR」   職務経歴書に書かれている 「成果」「実績」「自己PR」   この内容からイメージする「人物像」と理想の社員「人物像」を重ねあい、 面接において「一致している」と確認できると内定を出します。   このエントリーシートに書かれている内容に一貫性があるかどうか 検証するのが、面接です。   自己PR、長所に「私の強みはコミュニケーション力です」とアピールしても ・面接において的を得た回答ができなかったり ・笑顔がなかったり ・目が泳いで自信がなさそうなら・・・・・ コミュニケーション力があると・・・判断できません。   「行動力」がある人に共通する「面接行動」があり、 「コミュニケーション力」がある人に共通する「面接行動」があります。   ここに違和感があると、面接から感じたことを正でするので、 エントリーシート、職務経歴書に書かれている内容をゼロベースとして考えます。 ゼロベースから検証すると時間が足りないので、タイムアウトになります。 ここにも一貫性が必要ですね。

ヒント・コツを目次でまとめました。

面接質問集 集団討論テーマ 警察官 模擬面接練習・集団討論練習・面接カード添削等を実施

ウエブ面接対策

  |