内定レベルの3ステップ

内定レベルの3ステップ

昨年内定者の平均模擬面接受講回数は3.8回です。

ほぼ、3回 or 4回が多いですね。

GUM02_PH01026

 

3回の場合

1回目:ネガティブチェック

  →ネガティブチェック改善の宿題20時間~50時間

2回目:論理的思考チェック

  →論理思考宿題2時間~5時間

     頭の回転チェック

  →頭の回転宿題30時間~100時間

3回目:本番前チェック→最後の改善ポイントを指導

 

4回の場合(3回パックに1回追加)

1回目:ネガティブチェック

  →ネガティブチェック改善の宿題20時間~50時間

2回目:論理的思考チェック

  →論理思考宿題2時間~5時間

     頭の回転チェック

  →頭の回転宿題30時間~100時間

3回目、一次面接、二次面接本番前チェック

  →最後の改善ポイントを指導

4回目:最終面接前確認

 

模擬面接が1回だけだと

「問題提起」だけで終わってしまい

・改善できているのか

・練習していいるのか

・内定レベルの高レベルの改善ポイントまで提起できません。

 

昨日

1回目の模擬面接で

レベル3に達している学生さんが来ました。

すこしびっくりです。

彼はあと1回模擬面接を受けていただければ

内定レベルに達すると思います。

 

面接パックの詳しいことは

http://www.reservestock.jp/page/event_series/5668

 

模擬面接受講で学ぶ12の面接極意

面接慣れができる

ネガティブチェックができる

③一緒に働きたいと思う「相性」=第一印象を作れる

④面接官の目を見て話せる「テクニック」が身につく

論理的な回答ができるようになる

⑦質問回答の添削ができる

⑧共感できる志望動機が完成する

能力証明できる「がんばったこと」が完成する

⑩面接官が欲しいと思う人材とアピールできる「自己PR」の完成

論理的な人材を面接官に思わせる「回答方法」を学ぶ

面接内定レベルが理解でき、何を準備すればよいか明確になる

お礼a_btn045

 

 

やるか!やらないか!

 

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme