面接で何を見極めるのか②

面接で何を見極めるのか?②

皆さん 自分の癖を知っていますか?

 

数年前、プレゼンテーションスキル向上のセミナーを受講しました。

その中で、自分のプレゼンテーションの癖を

周りのチームメンバーから「アドバイス」をもらうプログラムがありました。

 

私は、プレゼンに慣れていたのであまり癖はありませんでしたが、

多くの受講生には、本人の知らない癖がたくさんありました。

 

指摘内容は、

・最初に「エー」を連発する。

・瞬きが多くなる。

・言葉に詰まると、右上を見る。

・緊張のせいなのか、小刻みに身体が振れる。

・視線が泳ぐ。

・言葉が早口になる。・・・・・

 

何かしらの感情がそのような行動を起こさせています。

各自がこのような「NGアドバイス」をもらい、数回の訓練を積み重ねると、癖が出なくなります。

自分の欠点を自覚し、改善することによって短期に直すことができます。

数回のロールプレイ後、全員のプレゼンテーションスキルが向上しました。

 

それは、

「客観的なアドバイス」をもらい、自己改善を繰り返したからです。

過去、面接においても同様な「癖」が多くの就活生に見ることができました。

面接の訓練を積めば改善できる内容です。

 

残念な就活生を多く見てきました。

面接も訓練を積みましょう。

 

自分の癖などの欠点を指摘してもらい、改善しましょう。

 

面接人気の記事

【面接だけで能力を見極めることができるのか?】 

【面接のポイント メラビアンの法則】

【面接における「第一印象」の作り方】

 

  |