就活の悩み

 

就活の悩み

何をしたら良いのか 分からない

こんな相談をよく受けます。

 

本当に分からないのでしょうか?

 

一人で悩んでいて、問題の特定ができないため行動に移せないのではないでしょうか?

 

成功に結びつかないときの多くは、問題点を特定できていないためです。

 

問題点を特定するには、どうしたらいいでしょうか

客観的なアドバイスをもらうのが一番です。

 

ひとつの例です。

30年前、初めてスキーをしました。

なんの知識もなく、道具は全てレンタルで借りて4日間滑りました。

最初の1日目、友達が基本をマンツーマンで教えてくれました。

でも、2日目以降は何のフォローもありませんでした。

残り3日間、試行錯誤と実行を重ねますが、あるレベル以上上達しません。

自分の何が問題なのか分からないため、間違った試行錯誤の繰り返しと感じました。

自分の問題が分からなかった。

 

2週間後、スキースクールに4日間通いました。

グループレッスンですが、コーチは的確に私の問題点を指摘してくれました。

 

このアドバイスと改善訓練の結果、4日目には上級コースを滑らかに滑れるようになりました。

 

このとき理解したのは、

客観的なフィードバックをもらうこと、そして問題点を特定し、改善を集中して行うこと。

成長にはこの「他者からのフィードバック」が一番成長に繋がると理解しました。

 

企業で働くようになってからも「周りからのフィードバック」を積極的にもらいました。

 

自分で問題点が発見できなければ、「フィードバック」を周りからもらう

就活生のみなさん

積極的なフィードバックも周りからもらっていますか?

面接等では、自分が知らない「クセ」「しぐさ」「一瞬の表情」がたくさんあります。

知らないままにして、改善できなければ成長はありません。

何をしたら良いのか分からない就活生は気づいています。

自分では問題を発見できなかったことを・・・・

他者から問題点を聞いてみるべきなことも知っています。

 

次のステップに向けての「行動」が全てを解決します。

解決できない事を悩み始めると・・・・メンタル傾向に入ります。

 

潜在意識がその悩みを考え続けるからです。

この負のサイクルから抜け出すには、

①行動を起こすこと

②周りからフィードバックをもらい、問題点を特定すること

ここまでで、問題は90%解決しています。

 

あとは、③問題点解決の努力をすること

専門家であるキャリアカウンセラーに相談してみましょう。

客観的な問題点が浮かび上がります。

そのためのキャリアカウンセラーです。

 

関連人気記事

面接人気の記事

【面接だけで能力を見極めることができるのか?】 

【面接のポイント メラビアンの法則】

【面接で何を見極めるか?①】

【面接で何を見極めるか?②】

【模擬面接で気になったこと】

【面接の結果に悩んでいる就活生へ】

【面接のあがり症について】

【客観的なフィードバックの重要性】

【面接質問の意図は?】

【人間はロジックだけで動いているわけではない】

【就活 面接 質問】

【「共感力」⇒面接でどうやって見極める?】

【面接でアピールする行動力とは?】

【志望動機一貫性の確認】

【面接における「第一印象」の作り方】

【採用担当者が考える「チャレンジ精神」】

【就活の自己レベルを確認する。】

【面接スキルの問題改善コンサルティングを受ける】

【「退職理由」「志望動機」「自己PR」の一貫性】

【「適性検査」と「面接」の一貫性】

【「エントリーシート/職務経歴書」と「面接」の一貫性】

【面接質問:当社に落ちたらどうするのか?】

【面接の一貫性は何か?】

【面接における「第一印象」の作り方】

【「退職理由」「志望動機」「自己PR」の一貫性】

【面接質問:当社に落ちたらどうするのか?】

【面接スキルの「真の問題点」特定に向けて】

【技術者が持つべき能力:問題解決力】

【技術者が持つべき能力について】

【何かを伝えるには、話すことが必要です。】

【面接回答時の変な話し方】

【面接回答時の変な顔の動き】

【面接が1分で決まるわけ】

【面接時の目つきについて】

【コミュニケーション能力の高い人に共通すること】

【内定レベルの3ステップ】

お礼a_btn045
このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤伸一

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme