自己PRでアピールすべきこと

自己PRでアピールすべきこと

pic_g126

多くの学生がアピールしていること

今年に入って、模擬面接から感じたことを書きますね。

自己PRが、自己分析から抽出されたものではなく、

就職本に載っているようなことが多いということです。

・粘り強さ

・協調性

・行動力

・・・・皆さん、同じようなことばかりで・・・

「おっ、この学生いいな!」と感じることがあまりありませんでした。

 

アピールポイントを抽出する為に

成功経験をカウンセリングから棚卸しをすると

多くの能力が発揮されるのがわかり、強みを抽出することができました。

 

そこから抽出されているアピールポイントは

・相手の立場になって行動する共感力

・相手のやる気を最大限に引き出すモチベーション力

・相反する意見をまとめる仲介力

・相手を納得させ、行動を引き出すコミュニケーション能力

・・・・

 

どうでしょうか?

アピール力が大きく上げっていると思いませんか?

採用担当者なら

「もっと詳しく聞いてみたい」と思いませんか?

 

具体的に何をするべきか

結論から言いますと・・・。

自己分析、自己棚卸しをしっかりと行い

キャリアカウンセラーから

「面接官が共感する内容」を引出してもらい、

共感する言葉に変換すること⇒エントリーシートの完成度UP

これが、内定獲得の一つのポイントです。

 

自己棚卸しからは

「頑張ったこと」「苦労したこと」のエピソードも抽出できます。

過去の経験から導いているので

自己PRとエピソードの内容が一致します。

 

エピソードは、

経験を回答するものではないということ。

エピソードは、

能力を証明するものであること。

 

そのためには

自己PRとエピソードの内容が一致していなければいけません。

 

どうすればいいの?

キャリアセンターのキャリアカウンセラーに相談してください。

もしくは、

私のセッションを受けてくださいね。

できれば、オープンESのエントリーを始める前に!

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme