仕事に対する情熱が必要なわけ

仕事に対する情熱が必要なわけ

・情熱をもって仕事に取り組んでいる人
・やらされ仕事で仕事に取り組んでいる人

この違いが、成果に大きな影響を与えることを
採用担当者は知っています。

私も管理職として働いていた際
この差を感じました。

情熱を持っている人は
どんな大きな問題にも立ち向かって
乗り越えようとします。

しかし
情熱を持っていない方の多くは、
「私のやりたいこととは違う・・」と
転職を考えるようになります。

だからこそ
多くの企業
多くの公務員面接質問の最初に
「志望動機」の質問が出されます。

民間企業の場合
・なぜ。この業界で働きたいのか
・なぜウチで働きたいのか
・なぜ他の会社ではないのか

公務員の場合
・なぜ、公務員として働きたいのか
・なぜ、市役所なのか
・なぜウチなのか

警察官の場合
・なぜ、警察官なのか
・なぜ、ウチなのか

消防官、保健師、保育士・・・・
ここを確認するために
多くの確認質問を採用担当者は持っています。

この「志望動機」を元採用担当者に
確認してもらいませんか
こちらで、確認の模擬面接を行っています。

https://www.reservestock.jp/page/event_series/4859

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme