公務員面接のポイント「志望動機」

公務員面接のポイント「志望動機」

中途転職者が公務員を受ける場合

・退職理由

・公務員志望動機

・なぜ、民間でなく公務員なのか

・公務員の中でも、なぜ○○なのか

・なぜウチの自治体なのか

ここを面接官に論理的にかつ、共感させられなくてはいけませんね。

 

 

・退職理由
 すでに退職しているのであれば、その理由が必要です。
 ここをうまく説明できないと、「また辞めてしまうのでないか」と思われます。
 働いていた「悪口」のような部分を言うことができないので・・・
 私なら、キッカケを入れて、「転職準備と仕事の両立時に、仕事に迷惑をかけたくない気持ちから、退路をとって退縮した。」とまとめていこうと思います。

 

・公務員志望動機
 社会人として働く中、ある「キッカケ」を通して、民間でなく公務員として働きたいと思い志望した。・・・とまとめようと思います。

 

・なぜ、民間でなく公務員なのか
 民間企業は、利益事業⇄公務員仕事の多くは、困窮している方々も含めた行政サービス
 この違いを理解すれば大丈夫ですね。

 

・公務員の中で、なぜ◯◯なのか
 国家公務員と地方公務員の仕事の違い
 広域自治体と基礎自治体の仕事の違い
 警察官と消防官の仕事の違い
 専門職と行政職の仕事の違い
 以上などを理解すれば、説明できますね。

 

・なぜウチの自治体なのか
 地元なら「地元である」ことを説明すれば県庁や市役所、警察官、消防官志望の場合、納得してもらえることが多いです。
 問題は、地元でない場合です。
 地元でない場合は、政策などを言うのではなく、「その市民のために働きたい」ことを伝えてください。
 ここをストーリーのように答えられるとよいですね。

集団討論面接カード面接対策



 合格内定

  |