転職者の自己棚卸し

 

転職者の自己棚卸し
企業への自己アピールには、

①私は、こんなことができます。   の他に

②私は、こんな人物です。

も伝えなければいけません。

 

この「②私は、こんな人物です」を探るには、

1冊の新品のノートを購入してください。

左側に 「私は、        」

と1行空けた全ての列に書いていきます。

その前に、付箋紙を用意していただくともっと簡単に出来ます。

アメブロ内でこの自己分析のやり方を説明しています。こちらへ

 


自分の性格や行動について書いていきます。
全部書き終わったら、

いくつかの性格や行動を「だからどうなの?」と考え、右へまとめていきます。

グループディスカッション時に、ブレインストーミングやKJ法を用いで

まとめていくのに似ています。

いくつかの「私は・・・・」を線で結び、自分をまとめていきます。

1回目が終われば、2回目をまとめ始めます。

どんどんまとめていくと、自分自身が一行で説明できるようになります。

 

多くの性格や行動から導かれた自分の自己アピールなので、

「詳しく教えてください」と聞かれれば、左側の「まとめ」を答えていけばいいのです。

 

もっと詳しくと聞かれれば、左側の要素を答えていきます。

自己アピールは、こんな形で作っていきます。

本当のあなた自身の「アピールポイント」は一言では言えません。

たくさんの要素が重なり合って出来上がっています。

 

最後のポイントは、一番左側の「私は・・・・」を記入するとき、

「エピソード」も思い出してください。

 

これがしっかりとイメージとして思い出していれば、

性格や行動に対しての質問に「エピソード」まで答えられます。

 

私がこれをまとめた方法は、

最初に付箋紙を使用し、私は・・・を主語にして考えられるだけ書きだしました。

 

この付箋紙を用い、「これとこれって・・・・・こういうことだよね・・・」と

まとめていきました。

 

まとめた付箋紙の上に、違う色の付箋紙で要約を書き内容をまとめました。

まとまったものを更にまとめ、違う色の付箋紙でまとめ・・・・・

 

これを繰り返し、自分の性格・行動PRを作りました。

やってみてください。

 

お礼a_btn045
 
やるか!やらないか!

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme