エントリーシートの一貫性について

エントリーシート記入時の一貫性について

pic_e039

採用担当者として、エントリーシートを確認する前に

適性検査の言語・非言語能力の確認と大枠の性格をイメージします。

 

頭の中で、 <例>この就活生は、

・行動力がある反面、目標を見失う傾向がある

・あきらめが早い

・社交的である

・心配性である

というようなイメージを立てます。

 

このイメージを持って、エントリーシートを読みます。

適性検査から読み取る「強み」と一貫性はあるのか?

一貫性が読み取れれば「会って確認したい」と思います。

この「強み」は、企業にとって重要な採用ポイントです。

この「強み」が感じられるかどうか・・・・

この一貫性がポイントです。

 

性格検査において、「大きな目標を持ち、粘り強く行動する」という結果が出て、

エントリーシートにも同じようなことが書いてあると一貫性を感じます。

 

模擬面接時、就活生に「性格検査とエントリーシート内容の一貫性」について

話をすると、「びっくり」した顔をします。気にしていなかったようです。

もし、性格検査の結果において「緊張するタイプ」と出た場合は、

面接対策を十分にする必要があります。

面接において「緊張」が100%出てしまうからです。

 

「緊張」は悪いのでしょうか?

 

度が過ぎるとマイナスに働きます。

<例>電器量販店に50万のテレビを買いに行きました。

販売員が近づいてきます。

満面の笑顔のAさん

・私の知りたい情報を的確に提供してくれる

・熱意を持って話している

・目を見て話をしてくれる

緊張しているBさん

・自分の言いたい事だけを言っている

・緊張した表情

・目を見て話をしない

どちらの販売員から商品を買いたいですか?

相手に何かを「売り込む」ときに「緊張」はマイナスに働きます。

心配しないでください。

「緊張」は練習を繰り返すことにより、「自信」が生まれ、無くなります。

 

志望動機・自己PR・エピソードの一貫性を

模擬面接を通して確認しませんか

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/1084

 

人気記事

【志望動機一貫性の確認】

【「退職理由」「志望動機」「自己PR」の一貫性】

【「適性検査」と「面接」の一貫性】

【「エントリーシート/職務経歴書」と「面接」の一貫性】

お礼a_btn045

 

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme