「退職理由」「志望動機」「自己PR」の一貫性

「退職理由」「志望動機」「自己PR」の一貫性

 

面接では、「一貫性」を確認しています。

一番の軸は「志望動機」です。

★今の会社では実現できないことを解決したいために退職し、転職します。

 「退職理由」は⇒「やりたいこと」「実現したいこと」に結びつきます。

 

★自己PRは、企業に貢献できる「できること」に繋がります。

ということは、「志望動機」を軸に「退職理由」「自己PR」が繋がっていることになります。

 

この一貫性を確認してくださいね。

 

 

<<例>>

・他者に貢献したいと今の会社を退職して、貴社で働きたいと思っています。⇒やりたいこと

・ある会社の営業:飛び込み営業⇒求められること

・提案力・企画力があります。⇒できること

一貫性を感じますか?

その会社で働く・・・ということは自分のやりたいことができる・・・ということです。

自己PRとは、その企業で活躍能力を持っているとアピールすることです。

 

<<例>>

・仕事の基本は営業力だと思っています。

 営業には、ビジネスマンに必要な全ての能力を発揮する必要があります。

 この営業力を通して、自分の能力を磨き、会社に貢献したいと思っています。

・私には、初対面の人に影響の輪を広げる「影響力」を持っています。

 この「影響力」を更に磨き、活かしていきたいと思います

・貴社が「社員に求めること」

 それは、この営業力だと思います。

 なぜなら・・・・・

一貫性を感じませんか?

 

お礼a_btn045

 

伊藤伸一

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme