滋賀県庁職員 採用面接質問 集団討論対策

適性検査集団討論面接カード面接対策

滋賀県庁職員 採用面接質問 集団討論

伊藤内定ゼミ 公務員内定

 

滋賀県庁

滋賀県庁採用試験説明会は、様々なところで開催されています。
面接時に、
「採用説明会は、参加しましたか?」
「印象はどうでしたか?」の質問が多くあります。

もし、
参加していないと・・・
「滋賀県庁で働きたい情熱が低いのでは・・・・」と思われかねませんね。

 

滋賀県採用ホームページを見て、ぜひ参加しましょう。

 

面接カードでは、2つの「成果があった取り組み」のエピソードを書かせます。
県庁の職員に必要な能力として
・問題発見・解決能力
・粘り強さ
・分かりやすい説明力
等々がありますので、上記の能力をエピソードに盛り込みながら、アピールポイントである強味を組み込み、能力証明のエピソードを作成してください。

 

 

面接は、基本的に2回あります。
1回目は、筆記試験時、
2回目は、筆記試験が通過した後にあります。
2次試験では、論作文、集団討論、個別面接、適性検査が行われます。

 

一次筆記試験時の個人面接では、
志望動機
・面接カード内容からコンピテンシー面接
がメインであり、面接カードに記入するエピソードの完成度を上げれば、しっかりと答えられるようになります。
面接カードの完成度を上げると共に、コンピテンシー面接対策をとってください。

 

 

1次が通過すると、次は2次選考です。
・論作文

 ごめんなさい。自分でやってくださいね。

 

・集団討論
 ⇒集団討論1日練習会より、対策をとってください。
集団討論1日練習会 2日目無料

 

過去の滋賀県庁面接質問はこちらです。

 

・個人面接
 2次選考当日に下記の事項を面接カードに記入します。

 下記クリックしてヒント
 ・志望理由
 ・やってみたい仕事
 ・力を入れて取り組んだこと
 ・自己PR
 ・職務経歴
 ・大学学部学科について
 面接内容のほとんどは、上記内容についての深掘りです。

 面接カードの完成度を上げることが、面接を楽にします。

 

 

採用倍率は、約10倍です。
民間上場企業のように100倍を超えるわけではありませんので、十分な準備を進めた方が内定を獲得していきます。

充分な準備とは、1次試験通過してから集団討論や個人面接の練習をするのではなく、その前から準備することです。

その理由は、1次合格通知から次の選考までの期間が短く、ほとんどの方が十分な練習できない状況だからです。

 

頑張ってください。
応援します。

Zoom面接特訓練習会
1日かけて面接の練習を
直前に回答修正が最適
やり直しきかない本番前に模擬面接を!

  |