就活生が「道」に迷ったとき、何をしたらよいか???

就活生が「道」に迷ったとき、何をしたらよいか???

就活生が「道」に迷ったとき、何をしたらよいか???

貴方は道に迷ったときどうしますか?

 

この問いにほとんどの人はこう答えます。

 

「近くの地元の人に道を聞きます。」

一番手っ取り早いですね。

 

今いる場所が分からないのに、

地図を見ていませんよね。

 

就活で迷ったとき、貴方は何をしていますか?

立ち止まって悩んでいませんか?

 

就活テクニック本を読み、「やるべきことはやったけど・・」と悩んでいませんか?

 

今いる場所が分からなければ、ゴールに進みませんよ!

 

目的地、ゴールとは?

この場合のゴールとは「内定」ではありません。

企業が求めている「人物像」を知ることです。

企業の求める人物像をイメージできますか?

 

今の場所とは?

・企業が求める人物像と自分のギャップを知っていますか?

・今の自分の問題点を知っていますか?

この今の自分の位置を知らなければ、問題点を知ることもできず、

問題点の改善訓練もできません。

 

どうすれば、今の自分の位置を知る事ができるの?

道に迷ったときに地元の人に道を聞くように、

 

模擬面接を受けてみてはどうでしょうか!

 

なぜ、地元の人に聞くかというと、

その地域のことを良く知っているからです。

採用担当経験者から模擬面接を通して「今の位置」を知る事によって、

次の改善のアクションに繋がります。

 

模擬面接を受講した就活生は同じことを言います。

・面接に対する準備が足りませんでした。

・自分の欠点が分かりました。

・面接官が何を知りたくて質問をするのか分かりました。

・これから本番までの間、「問題点解決」のための訓練・練習をします。

 

成功への近道は、「準備と練習・訓練」です。

訓練・練習のためには、「問題点」を理解する必要があります。

客観的な指摘・アドバイスを模擬面接を通してもらい、

本番までになんとかしてくださいね!・・・あとで後悔しないようにね!

 

 

一貫性を元採用担当者から確認してもらいませんか!

元採用担当者が「志望動機」「転職理由」「自己PR」「成果・やりきったこと」の一貫性を確認いたします。

マンツーマンでなければ確認できません。

スカイプを利用して一貫性を確認してもらいませんか?

  |