グループディスカッション司会者の役割

グループディスカッションで理解すべきこと、

一つ目は司会者の役割です。

司会者やりたくない・・・と思っても司会者を練習会等で経験してください。

司会者を経験すると

大きくメンバー力が上がります。

なぜなら、司会者の大変さが分かるので

司会者が上手くいっていない時には

フォローに回ることができるからです。

全員がフォローに回ることができれば

チームワーク力が上がります。

友達同士でグループディスカッション練習ができるとよいですね。

 

 

グループディスカッションを円滑に進めるには

司会者は必要だと思っています。

・発言の調整役

・全員が話しやすい雰囲気作り

・発言内容の整理

・進行の時間管理

・結論のまとめ役

これらのことを誰かが行わなければ・・・

結論を時間内にまとめることができません。

 

司会者の役割

役割についてこちらで説明しています。

こちらを読んでおいてください。

http://ameblo.jp/shinichi-itou/entry-11450246994.html

 

初めての参加で司会者はできません。

経験値から、全体の時間配分、流れ、

結論がまとまらなかった・・・・・等

メンバーとしての経験を積み重ねた人が司会者をやると良いですね。

 

司会者をやると

・積極性が高い

・主体的である
・まとめる力がある
・ファシリテーション力がある
・リーダーシップがある
等々の
印象を面接官は持ちます。

プラス、結論に達するまでのまとめ役ができると

大きく能力をアピールできます。

 

 

できたら1回でも多くの練習を積んでください。

経験値によって、大きくスキルを上げることができます。

集団討論1日練習会 2日目無料

 

ウエブ面接対策

  |