面接問題の「話が長い」への回答ヒント

面接問題:話が長い

面接時の問題に、「話が長い」ことがあります。

限られた時間内にて、面接官は

多くのことを確認しようとしています。

 

一人の人材が24時間にできることは限られます。
一つの納得させる説明を
Aさん:30分かけて話す
Bさん:10分で話す
Cさん:5分で話す

 

Aさん、Bさん、Cさん
説得できたとすれば、だれが優秀でしょうか??

 

分かりますね。
Cさんです。

 

特に面接では、時間が限られています。
面接官として、面接の前に
・エントリーシート
・SPI結果
・適性検査
等々の「事実」から、
具体的に求める能力を確認しています。

 

上記の「事実」がしっかりとしていれば、確認することは少ないですが
完成度や点数が低ければ、確認することは多くなります。

 

面接前には、上記の「事実」から、事前に質問を考えておきます。

 

この面接官の事前に考えた質問に答えられると、納得→合格と考えます。

 

この時に、
面接官「この質問の回答は、自分だったら30秒くらいかな・・」
にもかかわらず、60秒で就活生が回答したら・・・
時間オーバーですね。

 

そのような、だらだらな回答が続くと、公平性から時間切れになってしまいます。

 

エントリーシートでは、分からなかったことを面接で確認しようとしています。

・目標達成思考

・チャレンジ精神

・主体性

・行動力

・ストレス耐性

・粘り強さ

・協調性

・社交性

・コミュニケーション力

・知識

・問題解決力

・・・・・・

 

これら全てを確認するには、多くの質問が必要です。

 

話が長くなると・・・

時間切れ・・・・になってしまいますね。

 

結論ファーストで答えられるように

練習しましょうね。

 

 

ウエブ面接対策

  |