面接問題の「主体性がない」への回答ヒント

面接問題の「主体性がない」への回答ヒント

 

面接時の問題に、「主体性がない」ことが多々あります。
なぜこれが問題なのか?といいますと「指示待ちの人では、ダメだから」です。

 

主体性とは?

辞書によりますと「自分の意志・判断で行動しようとする態度。」となっています。
・自分から進んで物事に取り組める人
・指示待ちでない人

 

仕事を行う際に、自分で判断し、自分で決断して物事を行っていく必要があります
場合によって、指示されないことが多くあります。

 

また、問題解決の多くは、自分から問題を発見し、解決していくプロセスになります。
仕事上では常に「問題発見と問題解決」の繰り返しです。
この主体性は、「学生時代にがんばったこと」のエピソードから確認できます。

 

そのエピソードが
・誰かの指示によるものなのか
・自分から主体的に行ったものなのか
を知ることで主体性を持っているかどうかを確認できます。

 

エピソード内容は、「主体的に行った」内容にしてくださいね。

 

面接問題の「主体性がない」への回答ヒント

面接問題の「主体性がない」への回答ヒント

集団討論面接カード面接対策



 合格内定

  |