志望動機の一貫性確認

自己紹介

模擬面接の際、「志望動機」「自己PR」等に一貫性が無く違和感のある「志望動機」受講者に一貫性が薄い方が多いのに気がつきました。

 

面接で一番大切なことは、以下の納得性です。

・何をやりたいのか?
 ⇒なぜやりたいのか?

・何ができるのか?

 ⇒どこで「できることを証明」できるのか?

・組織内で何をしたいのか?
 ⇒組織から求められることを理解しているか?

・なぜ、ウチなのか?
 ⇒第一志望なのか?

・なぜ、あなたを採用しなければいけないのか?

 ⇒活躍すると説得できるか?

 

・中途の場合:なぜ今の仕事を退職してまで当社で働きたいのか?

 ⇒何かから逃げていないか?

 

 

ここの「一貫性」が保てないと面接官はどう思うか?

どこかで、「うそ」を言っている可能性がある。
 ⇒信用できない。

本来の「素の自分」をアピールしていないので、「違和感」を感じます。

模擬面接で、この違和感を指摘してきました。

 

受講者からの反応は、「実は、・・・・」本当のことを言い始めます。

その「素の自分」を隠そうとするので、どこかに整合性の穴が開きます。

 

面接官は、この「違和感」を逃しません。

 

 

どんな場合に違和感を感じるのか?

・自分を良く見せようとしているとき

・本当の「強み」をアピールしていなく、

 テクニック本に振り回されているとき

・自己分析が十分にできていないとき

・やりたいことがふらついているとき

・企業研究が足りないとき

 

 

面接官は、「素の応募者」を知るために、形を変えて質問をします。

本当の自分の言葉なら、振れない回答ができます。

 

 

一貫性はどこから判断するのか?

ステップ1性格検査との一貫性

性格検査から読み取る「強み」とエントリーシートからアピールしている「強み」が一致してるか?

 

性格検査から多くの性格を読み取ることができます。

・社交性があるか

・考えながら行動できるか

・フットワークが良いか

・粘り強く行動を行えるか

・軽率な行動を起こさないか

・大きな目標を持って行動しているか

・行動が速いか

・ストレス耐性を持っているか

・マイペースになりすぎないか

・落ち着いているか

 

採用担当者はこの結果表を見ながら応募者の「強み」をイメージします。

このイメージされた強みがエントリーシート上の自己PR、長所・短所でアピールされていると一貫性を感じます。

 

性格検査においてい「粘り強さがない」と結果が出ているのに

エントリーシートにおいて「粘り強さがあります」と書いてあると

違和感を持ちます。

 

ここに一貫性はありません。

 

 

ステップ2 志望動機の一貫性

応募者は、何かやりたいことを実現するために就職活動を行っています。

この「やりたいこと」の一貫性を探るには「他に応募している企業」を聞くと明確になります。

 

面接官

「他に応募している企業はどこですか」

「なぜ、その企業に応募しているのですか?」

「共通するところは何ですか?」

「当社も含めてどんなことが実現できると思いましたか?」

「第一志望の根拠は何ですか?」

 

「この仕事を選ぶときのこだわり」を聞くことで一貫性を確認できます。

 

 

ステップ3 自己PRの一貫性

組織が求める人材を理解していれば、「私は活躍するのに必要な能力を持っています」とアピールできます。

この「求める能力」の部分が組織によって若干違います。

この部分を的確に突いてアピールしているかどうか?

使い回しの「志望動機」や「自己PR」に採用担当者は違和感を持ちます。

 

「それって、ウチじゃなくてもいいよね・・・・」

「だったら、他の会社で働いてね!」と思っています。

 

何十社もエントリーシートを書いて提出するので、使い回しにする応募者も多数います。

ここを採用担当者は見逃しません。

 

採用担当者が考えている「求める人物像」にドンピシャのアピールをする応募者を求めています。

この「求める人物像」に共感してもらうために、採用ホームページには「応募者が共感する人物像」のキーワードが載っています。

ここを的確に突いた「エントリーシート」である必要があります。

 

 

元採用担当者が1日かけて面接回答を
面接官が納得する内容に添削します。

面接1日特訓練習会

  |